1920年頃の「蓄音機」を塗装直し

  1. HOME >
  2. 塗装 >

1920年頃の「蓄音機」を塗装直し

長い間眠っていた1920年頃の蓄音機です。ご自宅の建て直しを機にリビングに置くためきれいにしたいとご相談いただきました。

木部は完全に変色してしまっていたため、丁寧に研磨をして木肌を露出させてから塗装をしました。美しい濃淡が甦りました。

少し光沢を強めに仕上げています。 真鍮の取っ手も磨いてピカピカに。

新居のリビングがとても素敵な雰囲気になったと思います。【鎌倉市】

Copyright© オリーブ家具修理 , 2020 All Rights Reserved.